明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。2023年もよろしくお願いいたします。

山形は雪国です。冬は厳しい寒さと雪との闘いですね。
だからこそ、TOMO設計では高気密高断熱の高性能省エネ住宅・エコハウスをご提案しています。

日射取得を取り込み冬の暖房に活かして、日射遮蔽で夏にも対処する、パッシブ設計によるエコハウス。

外壁のダブル断熱(付加断熱)と屋根の高断熱化により、冷暖房費を大幅に削減します。

高性能省エネ住宅・エコハウスにすることで、エアコン1台でも暖房ができるようになります。ですが、積雪寒冷地の場合は上下の温度差および住宅の場所による差が多少は生じます。
快適性をより高める場合にはFFストーブやエアコンなどと違い、まったく気流を感じない、パネルヒーティングによる
快適で暖かい家・エコハウス(高性能省エネ住宅)はいかがですか。

さらに、もうひとつ大事なのは耐震等級3の構造設計です。
雪国での耐震等級3は、積雪が無い地域に比べると簡単に言えば耐震のレベルが大幅に強くなります。
難しい設計になりますが、高性能住宅にするために高気密高断熱と同じように大切になります。

これからの世界情勢を考えていくと、エネルギーや紛争など対処しなければならない問題が増加の一途をたどると思います。
天変地異も考えれば、自宅をそれらに備えておくのも高性能住宅を選択する要素になるのではないでしょうか。

2023年も高性能省エネ住宅・エコハウスを設計していきます。

前の記事

今年の住宅相談まとめ

次の記事

今季最強寒波New!!